六角坂 文京区

「六角坂は上餌差(かみえさし)町より 伝通院の裏門の前に出る坂なり、古くより 高家(こうけ)六角氏の邸の前なる坂故にかくいへり」(『改撰江戸志』)とある。
『江戸切絵図』(万延2年(1861)の尾張屋清七板)をみると、この坂が直角に曲がっているあたりに、六角越前守の邸があったことがわかる。
餌差町は、慶長年間(1596~1615)、鷹狩の鷹の餌となる 小鳥を刺し捕えることを司る「御餌差衆」の屋敷がおかれたところである。近くに歌人・島木赤彦が下宿し、『アララギ』の編集にあたった「いろは館」があった。
東京都文京区教育委員会   昭和63年3月
(坂の標識より)

暗闇坂 (くらやみざか) 文京区

暗闇坂  くらやみざか 
江戸時代は、加賀屋敷北裏側と片側寺町の間の坂で、樹木の生い茂った薄暗い寂しい坂であったのであろう。
江戸の庶民は、単純明解にこのような坂を暗闇坂と名づけた。23区内で同名の坂は12か所ほどある。区内では、白山5丁目の京華女子高校の裏側にもある。
この坂の東側 鹿野氏邸(弥生2-4-1)の塀に、挿絵画家,高畠華宵の記念碑がはめ込まれている。華宵は、晩年鹿野氏の好意でこの邸内で療養中、昭和41年7月に亡くなった。大正から昭和にかけて、優艷で可憐な画風で若い人たちの大きな共感を呼んだ。
文京区教育委員会   昭和59年3月
(坂の標識より)

鐙坂 (あぶみざか)

文京区本郷4丁目

本郷台地から菊坂の狭い谷に向かって下り、先端が右にゆるく曲がっている坂である。
名前の由来は「鐙の製作者の子孫が住んでいたから」(『江戸志』)とか、その形が「鐙に似ている」ということから名づけられた(『改撰江戸志』)などといわれている。
この坂の上の西側一帯は上州高崎藩主大河内家松平右京亮の中屋敷で、その跡地は右京山と呼ばれた。
文京区教育委員会   平成六年三月
(坂の標識より)

近くにあった明治中期創業の銭湯「菊水湯」はこの近くに住んでいた樋口一葉も通っていたそうだ。
その菊水湯も解体され4階建てのマンションになるらしい。

新坂 (しんざか)

文京区本郷5丁目と6丁目の間
区内にある新坂と呼ばれる6つの坂の一つ。
『御府内備考』に、「映世神社々頭領を南西に通ずる一路あり、其窮る所、坂あり、谷に下る、新坂といふ」とある。
名前は新坂だが、江戸時代にひらかれた古い坂である。
このあたりは、もと森川町と呼ばれ、金田一京助の世話で、石川啄木が、一時移り住んだ蓋平館(がいへいかん)別荘(現太栄館)をはじめ、
高等下宿が多く、二葉亭四迷、尾崎紅葉、徳田秋声など、文人が多く住んだ。この坂は、文人の逍遥の道でもあったと思われる。
東京都文京区教育委員会   昭和63年3月
(坂の標識より)

胸突坂 (むなつきざか)

胸突坂 (むなつきざか)
文京区本郷5丁目

昔は菊坂と呼ばれていたが、現在の菊坂に名前を譲り、こちらは「胸突坂」となったそうです。
その名の通り勾配の急な坂道を上がると登録有形文化財に指定された鳳明館本館やノスタルジックな本郷倶楽部等があります。

伊賀坂 (いがざか)

文京区白山2丁目
白山台地から白山通りに下る坂で、道幅は狭く、昔のままの姿を思わせる。この坂は武家屋敷にちなむ坂名の一つである。伊賀者の同心衆の組屋敷があった(『御府内備考』)とか、真田伊賀守屋敷があった(『改撰江戸志』)という2つの説がある。『東京名所図会』では真田伊賀守説をとっている。伊賀者は甲賀者と共に、大名統制のための忍者としてよく知られている。
文京区教育委員会   平成9年3月

逸見坂 (へんみざか)

文京区白山4丁目
「白山神社裏門の南、小石川御殿町と指ヶ谷の間より南へ御殿町へ上る坂あり、逸見坂といふ。旧幕士逸見某の邸、坂際にありしより此名に呼ぶなり」(『東京名所図会』)
武家屋敷にちなむ坂名である。このあたり「旧白山御殿町」で、逸見坂はその北のはずれに当たる。
町名の由来は、白山御殿(後に5代将軍になった館林候綱吉の屋敷)からきている。
御殿廃止後、幕府の薬園(現在の小石川植物園)となる。
坂の西側の「本念寺」には蜀山人(太田南畝)の墓がある。
文京区教育委員会   平成元年11月

蓮華寺坂 (れんげじざか)

文京区白山2丁目と4丁目の間

『蓮華寺即ち蓮花寺といへる法華宗の傍らなる坂なればかくいへり。白山御殿跡より指が谷町の方へでる坂なり」と改撰江戸志にある。
蓮華寺は、天正15年(1587)高橋図書を開基、安立院日雄を開山として創開した寺院で明治維新までは、塔頭が六院あったという。
なお、この坂道は小石川植物園脇の御殿坂へ通じ、昭和58年(1983)にハナミズキやツツジが植栽され、春の開花、秋の紅葉が美しい並木道である。
文京区教育委員会   平成12年3月
(坂の標識より)

菊坂 (文京区)

菊坂
本郷四丁目と五丁目の間
 「此辺一円に菊畑有之、菊花を作り候者多住居仕候に付、同所の坂を菊坂と唱、坂上の方菊坂台町、坂下の方菊坂町と唱候由」(『御府内備考』)とあることから、坂名の由来は明確である。

炭団坂 (文京区)

炭団坂(文京区) 本郷台地から菊坂の谷へ下る急な坂である。名前の由来は「ここは炭団などを商売にする者が多かった」とか「切り立った急な坂で転び落ちた者がいた」ということからつけられたといわれている。 台地の北側の斜面を下る坂のためにじめじめしていた。今のように階段や手すりがないころは、特に雨上がりには…

安藤坂 (文京区)

文京区春日1・2丁目の境この坂は伝通院前から神田川に下る坂である。江戸時代から幅の広い坂道であった。傾斜は急であったが、1909年(明治42)に路面電車(市電)を通すにあたりゆるやかにされた。坂の西側に安藤飛騨守の上屋敷があったことに因んで、戦前は「安藤殿坂」、戦後になって「安藤坂」とよばれるように…

富坂 (文京区)

春日一丁目と小石川二丁目の間「とび坂は小石川水戸宰相光圀卿の御屋敷のうしろ、えさし町より春日殿町へ下る坂、元は此処に鳶多して女童の手に持たる肴をも舞下りてとる故とび坂と云う」と『紫一本』にある。鳶が多くいたので、鳶坂、転じて富坂となった。また、春日町交差点の谷(二ヶ谷)をはさんで、東西に坂がまたがっ…