帯坂(おびざか) 千代田区

この坂を帯坂といいます。名称は歌舞伎で有名な番町皿屋敷の旗本青山播磨の腰元お菊が髪をふり乱し帯を引きずってにげたという伝説によります。
また一名切通し坂ともいわれたのは、寛永年間(一六二四~一六四三)外堀普請の後に市ケ谷御門へ抜ける道として切り通されたのでその名がつけられたといいます。
(坂の標識より)

囲碁の総本山「日本棋院会館」があり、門前では学生さんが待ち合わせをしているのか
数人で談笑していたり、車の通りも割とあるこの坂道が、あの「番町皿屋敷」のお菊さんが
10枚の皿のうち1枚を亡くし井戸に身を投じ自害する前に、この坂道を振り乱した髪で
帯を引きずって走ったと想像すると言葉に詰まります。
この辺りは武家屋敷が集中してあり「番町」と呼ばれていたそうです。

九段坂 (千代田区)

この坂を九段坂といいます。古くは飯田坂ともよびました。『新撰東京名所図会』には、「九段坂は、富士見町の通りより、飯田町に飯田町に下る長坂をいふ。むかし御用屋敷の長屋九段に立し故、之を九段長屋といひしより此坂をば九段坂といふしなり。今斜めに平かなる坂となれるも、もとは石を以て横に階を成すこと九層にして…

冬青木坂 (千代田区)

和洋女子学園前からホテルグランドパレスの南側を「目白通り」に下る坂です。冬青木坂 (千代田区)この坂を冬青木坂(もちのきざか)といいます。『新編江戸志』には「此所を冬青木坂ということを、いにしへ古びたるもちの木ありしより、所の名と呼しといへども、左にあらず、この坂の傍に古今名の知れざる唐めきて年ふり…

中坂 (千代田区)

中坂 (千代田区)この坂を中坂といいます。「御府内沿革図書」によると、元禄三年頃(1690)までは武家地となっており坂はできていませんが、元禄十年(1697)の図以降になると中坂が記載され、元禄十四年(1701)以降の図には世継稲荷神社も見ることができます。なお『新撰東京名所図会』には「中阪は、九段…

鍋割坂 (千代田区)

鍋割坂 (千代田区)この坂を鍋割坂といいます。『新撰東京名所図会』には「堀端より元新道一番町の通りへ上がる坂なり。」とかかれています。同じ名称の坂は各地にありますが、どれもふせた鍋(台地)を割ったような坂であることからその名がつけられています。千代田区隼町の国立劇場北側のところにも同名の坂があります…

二合半坂 (千代田区)

二合半坂 (千代田区)この坂は二合半坂と呼ばれています。名前の由来は諸説あります。『再校江戸砂子』という史料には、日光山が半分見えるためと書かれています。なぜ「日光山が半分見える」と「二合半」になるのでしょう。このことについて、『新撰東京名所図会』という史料での考えを紹介しましょう。富士山は麓から頂…