植木坂 (港区)

植木坂 (港区)
(麻布台3丁目4番、麻布永坂町の間)
この付近に植木屋があり、菊人形を始めたという。外苑東通りからおりる所という説もある。

永坂 (港区)

永坂 NAGASAKA(港区)
(六本木5丁目、麻布永坂町の間)

麻布台上から十番へ下る長い坂であったためにいう。長坂氏が付近に住んでいたともいうが、その確証はえられていない。

於多福坂 (港区)

坂の傾斜が、途中でいったんゆるやかになって、また下がったので、顔の真ん中の低いお多福面のようだと名づけられた。
平成七年七月(坂上) 昭和五十九年三月(坂下) 港区標識より

鳥居坂 (港区)

外苑東通り、鳥居坂下交差点から北へと上がる急な坂道です。
坂の東側にある緑が生い茂っているのはシンガポール大使館です。

饂飩坂 (港区)

饂飩坂 UDON ZAKA
(六本木5丁目1番、5丁目2番の間)
天明年間末(1788)頃まで松屋伊兵衛という、うどん屋があったために、うどん坂と呼ぶようになった。昔の芋洗坂とまちがうことがある。
港区 平成三年三月 標識より