天外天

投稿日:


アド街で紹介されたのは名物の「おこげ」。
炊き上げた魚沼産コシヒカリを手ですりつぶし、調理場で3日ほど乾燥させ、3か月かけて熟成させて完成。
そしてスタジオの某氏の絶賛ぶりに、いてもたってもいられなくなった気持ちをそのままに出かけた。

13時30分位に着き「4~50分程の待ち時間です」との事で近くの公園で待つこと10分程で電話連絡が入った。
待ち時間が早くなったのは嬉しいが予測がアバウト過ぎるような。

緑萌える公園を見渡す2階フロアはガラス張りで季節を感じながら食事ができます。

この日注文したのは

おこげ:天外天鍋(小鍋)2300円
酢豚セット:黒豚肩ロース肉と山芋の黒酢ソース+海老のフリッター揚げマヨネーズソース+柔らか杏仁豆腐マンゴーソースかけ1900円担々麺セット:胡麻とラー油のピリ辛麺+蒸し鶏の四川ピリ辛ソースかけ+マンゴープリン1500円
ビール
紹興酒

酢豚はゴロっと切り揃えた山芋の食感がもっちりさっくりして後を引きました。まろやかな黒酢ソースに具材がよく絡みあっています。

担々麺はストレートの細麺でやや柔らめ、スープを口に入れると辛みがなくて胡麻の風味が広がります。みじん切りにしたネギやザーサイが食感と味を引き立て役です。お櫃で出されたご飯とこのスープがまた合う。箸の止め時が分からなくなる。

おこげは期待が大きすぎたのか少し残念でした。揚げたての熱々のおこげにあんをかけてジュッという美味しい音が聞こえて・・・来なかったです。カリカリに香ばしくて時間の経過とともに餡が優しく柔らかい味に変化させてくれるのを期待していたのですが、これが本当に某氏が絶賛の味?食べログでも結構高評価なおこげ?!正直そう思いました。

あと混雑していたせいか、お店の人の声が食事の雰囲気を壊していたことや、料理を運んでくれる時に笑顔もなくドンと食器を置いていかれたのは少し興ざめでした。

天外天

昼総合点★★★☆☆ 3.0

関連ランキング:四川料理 | 千駄木駅西日暮里駅日暮里駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントに画像を挿入できます (JPEG のみ)