夏への扉



なんとも不思議なカフェです。
ギャップ萌え・・・ふと脳裏にそんな言葉が浮かんできました。
外観の雰囲気が強すぎて、入店すると「ほぉ」と声が出そうになりました。

日曜日、11時45分頃入店で先客おらず、窓際の2人掛けに。

こちらでお勧めは他のレビュアーさんから「野菜カレー」と伺っていましたが
朝食がグリーンカレーだったので腹具合と相談して決めたのが

焼きサンドウィッチセット  850円
自家製ケーキセット(HOT)  700円

焼きサンドはホットサンドメーカーでプレスしたものを想像したのですが
こんがりとした焼き色がつくまでトーストした耳付きイギリスパンに
レタス、キュウリ、ハム、スライスチーズをサンドしたもの

ケーキはパンプキンor林檎のタルトで林檎を注文。
甘さ控えめでお手製らしい素朴で優しい味わい。

他のメニューはピラフ・焼うどん・おにぎり焼きサンド・トーストという
ありがちパターンの中でカレー(野菜、チキン)に注力している感じでしょうか。

ドリンクメニューを見て目を引いたのは「番茶(梅干しorクッキー付)400円」
煎茶でもほうじ茶でもなく「番茶」って珍しい。

しかし、このお店退屈しません。
道路沿いの窓際には食器等がディスプレイ販売され
窓下には青梅線の線路の電車が時折通過し
窓から通り過ぎる心地よい風にお喋りも弾むというもの。

夏への扉

昼総合点★★★☆☆ 3.2

関連ランキング:カフェ | 青梅駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントに画像を挿入できます (JPEG のみ)