青梅赤塚不二夫会館



懐かしの映画板と昭和の街、昭和を楽しむ三館めぐり、その2

昭和を代表するギャグまんが王・赤塚不二夫さんの絵や写真を展示した、”赤塚ワールド”を体感できる会館。
ぐるっと一周すると、いつの間にか元気になれる不思議な空間です。
充実したお土産類やグッズ・書籍も嬉しい♪♪(ぶらり青梅宿・昭和を楽しむ三館めぐりリーフレットより)

入口では銀色のバカボンのパパがお出迎えしてくれています。
中に入ると色んなオリジナルグッズがあるので見てるだけで楽しくなっちゃう。
その中で気になったのは赤塚不二夫生誕80周年記念フレーム切手セットですが残念ながら期間限定セットで期限切れでした。
漫画双六編と人生年表編があり購入特典として・オリジナルデザイン画・特製ホルダーケースがついていました。

2階の原画以外は撮影OKということでトキワ荘のジオラマや実寸の作業部屋等がありました。
ジオラマには近所の銭湯「鶴乃湯」へ連れだって向かう寺田ヒロオと藤子不二雄Aが洗面器を抱えて玄関を出ているシーンや
出前のラーメンを待ちきれない鈴木伸一(笑)と生活の一部が切り出されています。
あと生命形態作家もりわじんさん作のバカボン一家等が見られ和やかな気分になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントに画像を挿入できます (JPEG のみ)