鐙坂 (あぶみざか)


鐙坂 (あぶみざか)

鐙坂 (あぶみざか)
文京区本郷4丁目

本郷台地から菊坂の狭い谷に向かって下り、先端が右にゆるく曲がっている坂である。
名前の由来は「鐙の製作者の子孫が住んでいたから」(『江戸志』)とか、その形が「鐙に似ている」ということから名づけられた(『改撰江戸志』)などといわれている。
この坂の上の西側一帯は上州高崎藩主大河内家松平右京亮の中屋敷で、その跡地は右京山と呼ばれた。
文京区教育委員会   平成六年三月
(坂の標識より)

近くにあった明治中期創業の銭湯「菊水湯」はこの近くに住んでいた樋口一葉も通っていたそうだ。
その菊水湯も解体され4階建てのマンションになるらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントに画像を挿入できます (JPEG のみ)