鯉とうなぎのまるます家 総本店 (まるますや)



電車を乗り継ぎやってきたのは赤羽。
朝は9時から飲み食いできる、呑んべえの聖地「まるます家」にやってきました。
壁一面に貼られた、大衆酒場の証であるかのような手書きのお品書き。
あれやこれやに生唾ごくりで目が泳ぎっぱなし。
名物料理の鰻・鯉の他にも揚げ物、刺身、煮物、酒の肴になる一品料理が沢山あります。
ぐるりと並んだカウンター席に雀みたいに沢山のお客さんが止まっているが、ここでは酔っ払っていたり騒いだりするやいなや叱責声がカウンターの内側から飛んでくるので、皆さんお行儀よく楽しんでいます。
しかし客の方に非がある場合は仕方ないのですが、そうでない場合でも「お母さんに叱られているみたい」と喜ぶ人が多いことが不思議です。

隣席の客人は「鰻重」を注文したのですが出てきたのは「かば焼き」
言った言わないのやりとりの後「ご飯出したら同じやろ」と鶴の一声。
・・・いや違うから(笑)

今日いただいたのは
ねぎぬた 400円
牛すじ煮込み 450円
地とりから揚げ 600円
生かきフライ 650円
月見 450円
うなぎ重 2500円
レモンハイ 400円
ビール 450円
ウーロン茶 200円

〆に久しぶりのうな重。
欲を言えば関西風の表面がパリッとした地焼きの鰻が好きなんですが、ふわふわの鰻にほどよい味加減のたれに舌鼓をうちました。

ジャン酎1100円を注文すると氷150円、梅干し100円、モヒートセット(ライム、ミント)100円で飲めるので、これは注文したいところですが、下戸の私は単品400円の酎ハイちびちびで充分。めちゃ燃費いいやん!

昼呑みに憧れているらしい相方は、「まるます家」いたく気に入った様子でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントに画像を挿入できます (JPEG のみ)