六角坂 文京区

投稿日:

六角坂  ろっかくざか

六角坂  ろっかくざか

六角坂  ろっかくざか
六角坂  ろっかくざか

猫好きさん必見の「猫ビル」は作家・評論家の立花隆氏の事務所兼書庫で数万冊とも言われる蔵書を有しています。

「六角坂は上餌差(かみえさし)町より 伝通院の裏門の前に出る坂なり、古くより 高家(こうけ)六角氏の邸の前なる坂故にかくいへり」(『改撰江戸志』)とある。
『江戸切絵図』(万延2年(1861)の尾張屋清七板)をみると、この坂が直角に曲がっているあたりに、六角越前守の邸があったことがわかる。
餌差町は、慶長年間(1596~1615)、鷹狩の鷹の餌となる 小鳥を刺し捕えることを司る「御餌差衆」の屋敷がおかれたところである。近くに歌人・島木赤彦が下宿し、『アララギ』の編集にあたった「いろは館」があった。
東京都文京区教育委員会   昭和63年3月
(坂の標識より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントに画像を挿入できます (JPEG のみ)