竹むら

投稿日:


淡路町を縦断する外堀通りから一つはいった古民家(都歴史建造物)の甘味処。
おしること白く染め抜かれた紺のれんをくぐり引き戸をあければ、そこは昭和かと見まがう雰囲気。
ここは池波正太郎御用達のお店だそうで揚げ饅頭と粟ぜんざいが名物らしい。

そんな落ち着いた店内でいただいたのは、揚げ饅頭とクリームみつまめ。
薄い衣をまとった饅頭は、サクッと香ばしいモッチリとした生地と、ほどよい甘さのこしあん、揚げたてで提供されます。
古き良き時代を懐かしみながら、ちょっぴり塩味で花の香りがする桜湯とともに揚げたての饅頭をいただくと外の喧騒をすっかり忘れてしまう。
和菓子の素朴な優しい甘さってホンマ好き。

最近、市販のお菓子を手にすると商品の裏側に記載された食品添加物をついガン見してしまうが、
そういう殺伐とした気持ちが、ふっと和らいだ気がしてニヤけた。

数十年ぶりかの桜湯の桜に心癒され、花を見て美しいと思う気持ちの余裕を感じ感謝。
しばし思い出に浸れる時間をもたらしてくれる甘味をごちそうさまでした。

竹むら

昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:甘味処 | 淡路町駅小川町駅新御茶ノ水駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントに画像を挿入できます (JPEG のみ)