財団法人長谷川町子美術館




お魚くわえたどら猫ぉ〜♫

世田谷区の長谷川町子美術館に行ってきました。
田園都市線 桜新町駅下車から 徒歩7分。
サザエさん通りには、サザエさん一家が至る所で微笑んでいます。

美術館ではサザエさん一家の家系図や、いその家の模型図等があり笑激の事実も発覚。

波平は九州出身で双子の海平という兄がいる。

海平さんは双子なのでモチロン顔はそっくり。
ただひとつの違いは毛が2本あることで、帽子をかぶっていたら
フネさんでも間違うほど似ているらしい。

しかし、磯野家のみんな老けすぎのような気がしますー。

長谷川先生の絵も数点、展示されていましたが顔彩の「舞妓」という作品は
サザエさんの絵からは想像できない作風で、舞妓はんのだらりの帯の手触りが
伝わってきそうでした。

サザエさん、意地悪ばあさんと増刷を重ねた長谷川さんのことばが自筆の
イラストに書かれていました。

「世間にはセキララな煩悩を好む人が多いものですね」

11月23日まで収蔵コレクション展「秋の彩り」で特別展示「岸田劉生・麗子像」
を展示しており水彩で描かれた「麗子像」3点をご覧になれますよ!

開館時間:  火〜日曜・祝日 10:00〜17:30
休館日:   月曜日、展示替期間、年末年始
入館料:  一 般・・・600円


大きな地図で見る

コメント コメントを追加

  1. みるくっち より:

    私の行きたいところの一つだ~~~~。
    いけると良いけど来年は大変な1年になりそうだし…
    でも、元気になって足が治ったら東京に絶対出て行くから
    姉御連れてってね。

    1. emi より:

      いいよ、どこでも連れてってあげるよ。

      谷中銀座でも猫街でも、かっぱ橋でも、
      猫カフェでも、どこでも連れてってあげる。

      足が早く治りますように!´ω`)ノ

emi にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントに画像を挿入できます (JPEG のみ)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください