東覚寺(赤紙仁王 ):北区

投稿日:


相方の肩の痛みも随分と治まってきたので「お礼参りに行こう」と話していたら
友達が入院したというので病気身代わりの祈願もあわてお参りにいきました。

JR田端駅より歩いて5分程、仁王様が2体ありますが赤紙で真っ赤になっていますからすぐに分かります。
赤紙仁王尊は阿像、吽像の2体で自分の病気と同じ場所に赤紙を貼って身代わりと心身安穏を願う。
また満願時にはお礼として草履を奉納します。これは祈願者、病人のために日夜歩いて下さるのでさぞかし草履が必要でしょうという気持ちからだそうです。
社務所で赤紙2枚(線香とセットで200円)、わらじ(2足2000円)をいただき、草鞋は右の阿像、続いて左の吽像の足下に置きお礼参りし、その後草履は横にある棚に吊るします。病気身代わり祈願の赤紙も阿像から吽像へ患部にはりお線香をあげて祈願します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントに画像を挿入できます (JPEG のみ)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください