プレーンシフォンケーキ

投稿日:

昨日、自転車の荷台にケーキ箱をくくりつけ持っていったのに
渡す先がお休みで会えなかったので、また焼き直し。
パンプキンシフォンにするつもりがパンプキンを買い忘れオーマイガッノ(´д`*)

そこで今度はプレーンで勝負ぢゃ!
でも良かった。
奥慈久たまご買ってあるのでプレーンでもきっと美味しいぞ。
フレーバなしのシフォンは素材の味が際立つ。

型から外したら「泣かない粉糖」でお化粧してできあがり。
この「泣かない粉糖」(泣かない=溶けない)は結構、隠れた役者で
ドーナツやシュークリームに一振りするだけで、グッと美味しそうにみえる。
ケーキのうえに飾られた真っ赤な苺に白い粉糖がかかっているだけで
うっとりするようなグッドルッキングになるのだ。

コメント コメントを追加

  1. ちーま より:

    勉強になりまくります。

    1. emi より:

      こっちの勉強はせんでえいぞw 😉

  2. こっこ より:

    プレーンもおいしそう♪
    いや!絶対おいしい!!

    1. emi より:

      池袋にラ・ファミーユというシフォンで有名なお店があり、
      そこのお菓子教室でイチバン最初に習うのがこのプレーンシフォン(初級)

      とりあえず初級からでないと他の気になるシフォン(野菜とかベリーとか)の
      コースを受けられないシステムなので(商売お上手)
      とりあえず受講したが初級1度っきりしか行ってないので又いこうと思ってる。

      シフォン本を何冊も出版している先生だけど、すごく気さくで
      何か質問は?と聞かれたので
      「レシピ公開は企業秘密だと思うのですが、どうして教室なさるのですか?」
      と尋ねたら
      「皆さんにもっとシフォンの魅力を知って欲しくて」っとか
      仰ると思うでしょ。

      返ってきた答えは

      「お金になるから」(爆

      つかみはOKみたいなノリの冗談かと思いきや、真面目顔なので
      可笑しくて笑いのツボにはまってしまいました。
      いやー、そんな正直者の先生って素敵だと思いませんか ❗
      私は好きだなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントに画像を挿入できます (JPEG のみ)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください