いつも大変お世話になっております


近頃社内のメールや電話で「いつも大変お世話になっております」と言われることが間々あり
違和感を感じている。日本語には色んな解釈があるので、もしかしたら私が違っているのかも
しれないが、冒頭の挨拶は社外メール・電話にしか使ったことがない。
細かい事に目くじらたてる必要もないので、受け流すが何となく異文化を感じてしまう。

もしも大ちゃんが「いつも大変お世話になっております」って言ったら、
「何、気色悪いこと言ってるんだよっ」と笑い飛ばすところだが、人間界は難しい。

コメント コメントを追加

  1. こっこ より:

    私が働いているところは、同じ会社の中で
    事業部によって社名が違ってたり、別会社のような微妙な感じ。
    会ったときやメールでは「お疲れ様です」で統一してるけど、
    電話では「お世話になります」と言われたり
    「お疲れ様です」と言われたり。
    私の所属部署は社名が変わって間がないから
    仕方ないのかな。

    1. emi より:

      この言葉の微妙な距離感 😥
      別会社なら普通に使うんだけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントに画像を挿入できます (JPEG のみ)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください