生きてる

投稿日:

ちかごろ兄ちゃんが遊んでくんない
やっぱ、兄ちゃんと遊びたいんだけどにゃー
八朔の木にとまっている雀をみているの図
あたちにも翼があったらにゃー

窓辺で雀の様子を見ている愛ちゃん。

耳の静脈をみていると、つくづく生きている…と思う。

生きている
  
  

こうして家族が健康で毎朝を迎えられることが

イチバンの幸せなんだなっと、気づき何だか分からないけれど感謝する。

昔、なんだか忘れたくらい些細なことで

毎日がいやでいやでたまらなくて

こういう時に人は死にたいと思うんや…と感じた時があった。

そんな時、たまたまググって見つけた言葉をみて泣けた。
 
 

「死にたくなったら俺がお笑いやってるところを見てくれ。

死ぬのが馬鹿馬鹿しくなるから。

もっとダメなやつがいるって笑い飛ばせ。

そして、ちょっとでも勇気が出たら俺のライブに来い。

きっと、お前と同じようなやつがいるから。

死ぬな!生きていればいいことあるなんて

そんな無責任なこと言えないけどとにかく死ぬな!

解ったか!」
 
 

なんだか分からないけど涙がでてきてふっきれた。

それから、それまで嫌いだったエガちゃんのことが

ちょっと好きになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コメントに画像を挿入できます (JPEG のみ)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください