七曲坂(ななまがりざか)

投稿日:


新宿区下落合2丁目~4丁目

折れ曲がった坂であることからこの名がついた(『江戸名所図会』)。
古くは源頼朝が近江に陣を張った時、敵の軍勢を探るためにこの坂を開かせたという伝説がある(『遊歴雑記』)。
(坂の標識より)

コメント コメントを追加

  1. より:

    ご無沙汰しております!いつも楽しく拝見させて頂いております。
    七曲りって太陽にほえろと何か関係してるんだろうかとふと思いコメント
    してみました。
    関東は本当に坂というか丘が多いですよね。
    地学的にも、関東ローム層の関係もあり、緩やかな坂が多く存在しますね。
    名前の付いている有名な坂もあれば、そうでない場所もあります。
    どこもこうやって写真でみると風情があっていいですね。
    昔関東に住んでいたころも、坂道が多くて・・・ただ閉口していた自分が
    懐かしく思います。坂を楽しむ余裕もなかったんでしょうね。

    でわでわ

    1. emi より:

      どもども。
      七曲りというと、やはり「太陽にほえろ」ですよね。
      でも全く関係なく、クネクネと折れ曲がった坂だから・・・と思いきや
      ウィキペディアによると七曲署の所在地は架空ではあるものの新宿署管轄区内という設定だとか。
      さらに”「七曲」は新宿区下落合二丁目と四丁目の境界にある七曲坂に由来しているとの説がある”
      との記載もありましたので、このエリアでの設定説が濃厚です。

      まさかと思っていたのですが教えていただいて初めて気づくという「超」鈍感さ(○´―`)ゞ

      下落合方面は坂がやたらと多く股関節が笑いそうで見逃した坂が沢山あるので
      再訪する予定です。
      また何か気づかれたことがあれば教えてくださると嬉しいです٩( ‘ω’ )و

      住んでいる時には、しんどいばかりの坂道ですが時を経過するとまた色々な情景が思い出されることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントに画像を挿入できます (JPEG のみ)