明治神宮御苑

清正井という湧水の井戸を待受にすると運気があがる・・・とメディアに取り上げられてから
有名なパワースポットになり整理券が配られるほどだったのは、どれくらい前になるかしら。
つい今しがたまで渋谷の喧騒の中、ゴローズの長い長い行列の横を通り過ぎたのが嘘のように
清々しい凛とした空気の中、花菖蒲田や木立に心ほぐされる。

てまりのおうち

一年ぶりに猫友さんとお邪魔しました。

前回からメニューが大幅にアップデートされていてドリンクメニューが多くなっていて
さらに入場料も時間制限なし、姉妹店の雑貨屋さん(とことこ雑貨屋店)も近所に開店されパワーアップ。

平日でしたがほぼ満席。予約を入れてなかったため、4時間後に予約が入っているツリーハウスに潜り込ませて貰いました。
ランチは外に出るつもりでしたが猫スタッフさんの接待が巧だったため、外に出そびれ手元のメニューをパラパラ。

素揚げや

約1年半ぶりに再訪。 前日、予約なしで入店出来なかったためリベンジ。 奥の掘りごたつ席に着席。 途端、壁に貼られた「最強レモンスカッシュ」スイート/ドライ各400円の文字が目に入り早速注文。 看板メニューの「レモンサワー…

磯丸水産 巣鴨北口店

お目当ての店に予約なしで入れなかったことを皮切りに3店で入店できなかった時に目に入った磯丸水産 巣鴨北口店さん。
取りあえず疲れた足を休ませる椅子が空いている。
相方に「海鮮丼どう?」と目くばせすると、夜間作業が終わった帰りの救世店(24時間営業)とのこと。

堀切菖蒲園

この堀切の花菖蒲は江戸の名所のひとつでもあったそうです。
この菖蒲園は安藤広重・歌川豊国・清親等の錦絵に描かれています。
200種6,000株の花菖蒲はそれぞれの品種名を書かれた札で綺麗に整理され地元の人に愛されている様子が伝わります。

小岩菖蒲園

広々として気持ちいい江戸川河川敷にある小岩菖蒲園は、地元の方から寄贈された花菖蒲をもとに、区が回遊式の庭園にしたものだそう。
50,000本の花菖蒲が丁度見ごろでした。

創作麺工房 鳴龍

前を通る度に行列が長いので敬遠していたお店ですが、午後2時と昼食時間が遅くなった日に出かけました。 外待ち2名で十数分後には店内に案内され得した気分。 「辛麺」「醤油味」「塩味」「つけ麺」どれも美味しそうで迷ってしまいま…

北区中央図書館

レンガ倉庫の外観が美しい図書館です。
館内に入ると天井が高く開放感溢れる館内は緑の美しい中庭が二か所にあり、フリースペースに隣接してカフェ(アトリエ・ド・リーブ)もあります。
広くて清潔な館内、思い思いに自分の好みの場所で好きな本を選んで読むことができます。
スタッフの皆さんもとても気持ち良い対応でした。

音無親水公園(北区)

音無川のこのあたりは、古くから名所として知られていました。江戸時代の天保7年に完成した「江戸名所図会」や、嘉永5年の近吾堂板江戸切絵図、また、安藤広重による錦絵など多くの資料に弁天の滝、不動の滝、石堰から落ちる王子の大滝などが見られ、広く親しまれていたことがわかります。
「江戸名所花暦」「游歴雑記」などには、一歩ごとにながめがかわり、投網や釣りもできれば泳ぐこともできる、夕焼けがひときわ見事で川の水でたてた茶はおいしいと書かれており、江戸幕府による地誌、「新編武蔵風土記稿」には、このあたりの高台からの眺めについて、飛鳥山が手にとるように見え、眼の下には音無川が勢いよく流れ、石堰にあたる水の音が響き、谷間の樹木は見事で、実にすぐれていると記されています。
こうした恵まれた自然条件をいまに再生し、後世に伝えることを願って、昭和63年、北区は、この音無親水公園を整備しました。
たきらせの 絶えぬ流れの末遠く すむ水きよし 夕日さす影
飛鳥山十二景のうち滝野川夕照より

白山神社

自転車で強い風を切り分けながら夕暮れが近い街をゆく
白山神社、紫陽花祭りの緑色した提灯が見える
神社の片隅に自転車を休ませて
カメラ片手に歩くと
にゃんこ・にゃんこ・にゃんこ・・・

紫陽花も綺麗だったけど、
キジトラや八割れのニャンコに会えてほっこり、ほっこり。
今日も良い一日だったにゃー。

深堀隆介 回顧展 金魚養画場~鱗の向こう側~

樹脂素材でリアルな金魚を再現する美術作家、深堀隆介さんの回顧展が西武渋谷店で開催されていました。
器の中に樹脂を流し込み何層にも分けて金魚を描いていくと、いまにも器から飛び出さんばかりの生き生きとした金魚が生まれます。
テレビ等で紹介されるのは、この本物と見間違うばかりの作品ばかりでしたので
今回展示されていた初期の金魚作品をみて、どれほどの努力と情熱でこの技法を編み出したのだろうかと胸が熱くなりました。

あえん 目白店

目白駅前にある商業ビル「トラッド目白」2階の和食レストラン。
旬の野菜を食材としたメニューが多く
清潔そうなオープンキッチンに誘われる。

ゆっくりできそうなカウンター席、ソファー席を通りテラス席に。
5月の風が気持ち良くて。

いただいたのは
○いくら醤油漬けと釜揚げしらす丼ランチ 1180円
○野菜たっぷり ふもと鶏の竜田揚げランチ 1080円
○ランチビール 300円

からっと揚げられた鶏の竜田揚げに野菜の素揚げがあしらわれたプレートに
フレッシュサラダと麦みその味噌汁、それにサービスの一皿(キャベツの和え物とポテトサラダ)でお腹も満足。
ご飯は白米と玄米どちらかをお好みで選べるのが嬉しいです。