麦とろ童子

国道135号線を走り湯河原への道すがらいつも気になっていた麦とろ童子さんです。
駐車場も店舗前も満車の時が多くて行きそびれてましたが今日はウエイト覚悟で11時40分に入店、でも案外早く20分程でお席に案内していただけました。

でもね、待ち時間も待合室に用意された「わらべ日記」を読んだり、頃合いを見計らって自称「じじい」の店主が軽いジョークを交えながら顔を出してくれるので退屈より期待が上回りました。

案内されたお席は、一枚板の天板(だけ)に天然素材で編まれた丸い座布団が並べられています。ガラス張りの窓の外には相模湾が広がり解放感あふれた眺望です。

一面に貼られた筆書きのお品書きのフォント…うーん、見とれてしまうほど個性的で味がありすぎて内容が頭に入ってこない(おいっ)

店主が一通り説明してくれたのですが「ビーとろは3つ注文いただくとビートロズ」って、お客さま一同爆笑つかみはオッケーです。

魚問屋千漁家

やってきました沼津! お魚天国、沼津港♪ そして時間は丁度ランチタイム。 あちこちの店先の看板には魅惑的な丼からはみ出した新鮮な魚介類、それから丸天というお店の吃驚サイズのかき揚げ丼! あぁ、目が泳ぐことこの上なく願わく…

山かつ亭

伊東市の山間、細い道をくねくねと走っていたら突然「山かつ亭」という看板を発見した。
時間は昼時をとっくに過ぎた13時30分、これは行かなければと神の声が君臨し車を止める。

駐車場から入口が分かりにくくて他所のお宅に行きそうになりつつ(汗)向こうの方に和風建築の玄関に白い暖簾がたなびいている。やったね、入店前から期待感が湧いてくる店構えだわ。
中に入ると靴を脱いで店内に案内されます。
掘り炬燵式になっていて正座しなくても大丈夫なので嬉しい。
見渡すと厨房がピカピカしていて清潔そう!ポイント高いです。店内もお掃除が行き届き気持ち良いですね。

店内には2組のお客様がにこやかに食事をしていました。
しかし皆が手をせわしげに動かしているのは何?と思ったら注文をしてすぐに分かりました。
小さなすり鉢に入った胡麻が私の手でどうぞ芳しい香りを放ってくださいとばかりに運ばれてきたのです。

この日いただいたのは
シャブかつとカニクリームコロッケ定食 1650 (外税)
海老とヒレかつ定食 1650

湯ヶ島温泉 世古の湯

一歩足を踏み入るとそこはノスタルジーを感じる仲伊豆の温泉郷、湯ヶ島温泉。
川端康成が『伊豆の踊り子』を執筆し、その小説の舞台ともなっていますが、そこにあるのは緑に囲まれた川沿いの細い道という自然ばかりでお店すら見当たりません。
夏にはゲンジボタルが乱舞するというのも頷けます。
「湯ヶ島温泉」バス停に3台ほど止められる駐車スペースがあるので、そこから少しだけ歩くと「世古の大湯入口」の看板があります。
この共同浴場の料金は一人一回100円以上で入口中央にある志納箱に入れます。
苔の生えた石段を下りていくと渓流沿いに湯小屋が見えてきました。
このロケーション最高にワクワクします。
浴室は素朴なタイル作りで浴槽が2つに分かれてありました。

原因は木の根っこ!

子供の頃はボットントイレだったので、あるホラー漫画にトイレの中から手が出てくるというのがあり、それが脳裏に焼き付いてトイレに行くのが怖くて堪らなかったことを思い出します。
大人になり何十年も経ちボットンや浄化槽を忘れかけていた去年、移転先が浄化槽であることを知りました。
浄化槽というのはトイレや台所や洗面所からの排水を浄化してくれる設備だという事は知っていましたがそれだけの知識しかあれません。
新居の前まで下水の整備がされているのでどうしようかっとなったのですが、浄化槽から下水にするには少し大掛かりな配管工事が必要になってくるので浄化槽が壊れるまでは、そのまま使用しようということになりました。

そこで地元の浄化槽保守点検業者さんに保守点検と清掃をお願いすることにしました。
初めてで相場も分からないので、3社から見積をいただいてとチェックしていたのですが、前のオーナーさんが契約していた熱海環境サービスさんに連絡すると直ぐに家まで来てくれて、実際に浄化槽を見て丁寧に説明して下さりと対応が良かったので即決です。
価格交渉にも応じていただき、年に一度の清掃が6月実施で2万円(税別)、定期点検が年間3回で計9千円で契約する事ができました。費用は浄化槽の大きさや人数等により多少の違いがあるようです。

西洋料理 明治の館

日光東照宮坂下門で前回拝観し損ねた「眠り猫」を両目に焼き付け更に207段の階段を全速力で往復し奥院でしか頂けない眠り猫の絵馬を手にした余韻に浸っていると「昼飯の場所よろしくー」と言われ、義父と行くのに相応しいお店をチェックする。
「西洋料理」を冠した明治の館さんがヒットしたのでざっと見ると中々雰囲気も良さそう。
何てったって食べ物の味は景色等の環境が70%も占める程影響を受けるそうですから有形文化財に登録された洋館で食事できるなんて申し分ありません。

苔の階段を歩き進めると目の前に広がる緑の芝生や石造りの洋館を包むような樹々、そして扉を開くと明治の名残に満たされた上品な空間。
従業員の方のサービスからカトラリーのひとつひとつまで満足でしたが、ひとつ残念だったのは中央の席だったので、外の景色が歪んで見える古いガラス窓が近くで見られなかったこと(もしかしたらガラスは新しいものかもしれませんが)
私たちが在席している時間中も空席はすぐに埋まり、帰るときも席を待つ人が外の椅子に腰かけていたので少しだけ窮屈なテーブルは位置は致し方ないのかもしれません。
地場産の舞茸や干瓢、湯葉等の素材を生かしたお料理は目にも嬉しく美味しかったのですが「むかし懐かしコロッケ」もオーダーしたのでデザートを少し残してしまいました。ごめんなさい。
気がつけばあっという間に過ぎた素敵な2時間でした。

伊豆高原ビール本店レストラン

さしづめ伊豆のオアシス!

伊豆高原のここを通りかかる度に美味しいビールを飲んでプハーッと言いたくなります。
いや、私は下戸なので想像なんですがw
多分ここで干物や海鮮を肴に一息入れれば気分も高揚するというもの。
なにせ入口やそこらに張り巡らせたメニューの種類の多さといったら!
海鮮丼、干物にフライに一品料理これでもかと言わんばかりに網羅されています。
グループで「私あれ食べられないの…」なんて人が居ても大丈夫(多分)

周囲のテーブルに視線をやり目移りしながら注文したのは
漁師の漬け丼膳  2380(外税)
三種丼膳  2280

cafe「わ」

伊豆の国市、駒の湯荘の露天に一時間ほど、まったりと浸かりリフレッシュ
お腹も空いたし近くで見つけたcafeでランチやってるみたいだから行ってみようとなり
2018年4月にオープンした古民家カフェに立ち寄る

マスターの奥さんのご実家をカフェと民泊にリノベーションしたお店だそうで
カフェ部門は農機具置き場だったそうです。
店内は20席ほどの程よい広さで天井が高く窓からは緑が見えどこか懐かしさを感じ落ち着きます。

いただいたのは
15食限定ランチ(コーヒー・ケーキ付)  1,620円
レーヌカさんのスリランカカレー 1,296円

古代米の入ったご飯に具だくさんお味噌汁、メインは白身魚と根深のチーズ焼きで野菜サラダ、卵焼き、肉じゃが、香の物、焼き物、きのこの煮物、ヨーグルトと栄養バランスも見た目も、もちろんお味も大満足。
スリランカカレーは同じく古代米で色づいたご飯に素揚げ野菜が彩りよく添えられて野菜サラダとヨーグルトが添えられていました。
もっとスパイシーなのかなと思っていたのですが辛さは感じませんでした。

それにしても心地よい空間に包まれて緑を感じるのは癒されます
それにスタッフぅのお嬢さんの応対もすごーく感じが良くて、またゆっくりと行きたいなぁと思わせる(きっと誰もが)素敵なカフェです!

風の家 La cabane du vent

走り梅雨の金曜日、友人を誘い風の家に向かう。

西熱海の別荘地の奥まったところに薔薇や小花に守られるように「風の家」は存在していた。
週末の金~日曜と祝日の11時から17時までしか営業していないというので混雑していないだろう金曜日を選んだ。
上司のお宅を訪問する時のように少し身構えて入口のドアを開けると女主人の笑顔が迎えてくれて緊張が解ける。

店内…というより室内の居心地の良さそうな椅子に腰かける。
予め調べておいたメニューからピザと飲物、食後にアップルパイをお願いしようと決めていた。
友人が「ピザふたつと…」という言葉に被せるような早さで「ピザ二つは量が多すぎるからひとつを半分こしなさい」
そして「アップルパイが自慢なの。入らなくなるわよ」と。

数分が過ぎ、私の前にはジアンの花柄カップに上品な色の紅茶が満たされ、友人の前には500mlの缶ビールとグラスとナッツが置かれ、そして女主人も横に並んでくれて色んな女同士の話題で盛り上がり前からの知り合いだったかのよう。
大声で笑ったり時には深刻な顔して頷いたり、「今日は海が見えなくて残念だわー」と言うと「そうでしょうねー」と友人と相槌を打ち、女主人はピザをオーブンに入れる時やアップルパイを温めたりする頃合いを見て席を立った。

カップの底の花柄が見えそうになるとさりげなく勧めてくれるものだから私は紅茶を3杯も注いでもらい(おかわり自由みたいです)ピザに舌鼓をうち、アップルパイを味わいお腹も心も満ち足り、そんな風にしてあっという間に2時間半が過ぎた(友人が美容院に予約を入れて貰ったら多分もっと多くの時間が過ぎただろう)
「今度は海の見える時にお邪魔します」とお店を後にし紫陽花の咲く通りにでた。

うなぎ亭 友栄

風邪で崩した体調が回復し体が滋養のあるものを欲しているのか「美味しい鰻」が食べたくて、一度は行きたいと思っていた友栄さんに行ってきました。
行列の出来る店というのはあまり得意ではないのですが、ネットでチェックして前日に鰻の取り置きの電話を入れ、当日10時開店のところ9時30分頃店に到着し席の予約をさせていただきました。
この日は日曜ではありましたが生憎の天候のせいか一巡目で席に案内して貰うことができました。

注文したのは
上うな重 5,400円(税別)
しら焼御膳 5,500円
割きたてのきも たれ・わさび 各800円

お料理や接待は名声に左右されることのない「おもてなし」の心意気を感じました。
主役である鰻はタレが絶妙の味加減で存在感のある鰻は身が厚く脂がのり、ふわふわとした触感はと相まって感動すら覚えました。
また心配りされた器や備付の醤油・うなぎのたれ・山椒がいい。
そしてお料理に添えられた薬味の生山葵、山椒味噌、柚子胡椒等の一つ一つがどれをとっても素晴らしい!
山椒の香りや生山葵の爽やかな刺激は病みつきになりそうです。
何をとっても文句のつけようがありませんでした。
箱根方面にお出かけの際は是非!!

箱根温泉山荘 なかむら

六月の雨。
横なぐりの雨に(前もこんなことあったなぁ)と思いながら助手席で窓を生き物のように伝う雨足を見る休日。
今日の目的、一つ目の友栄さんの鰻を食べるを堪能して最早二つ目の目的「温泉を楽しむ」は贅沢すぎるのではないかという気さえしてきた。
この雨はそんな贅沢な休日にほんの少し横やりを入れて窘めてくれているのではないか…(誰が?)

そんな気持ちを飲み込んで探す温泉。
一軒目は営業時間外、二軒目は廃業、んんん。
でもそこは流石の箱根!
至る所、温泉に事欠かないのだ。

結局、すすき草原や箱根ガラスの森美術館等のミュージアム、箱根湿生花園等を周辺に位置する落ち着いた山荘なかむらさんに立ち寄り湯でお邪魔してきました。
先客居なくて、まだ掃除機かかえた従業員の方が「もう掃除終わりましたからいいですよー」とのこと。
温泉独り占め!
源泉かけ流しのにごり湯に体を沈めると窓の外、雨に濡れた木々が満足感を重ねてくれるようです。

アカオハーブ&ローズガーデン

働き方改革がなんちゃらなので有給もらい原チャリで近くをパトロールしてきたよ。

まずアカオハーブ&ローズガーデンでむせ返るような薔薇の香りに癒される・・・筈がなんと薔薇の時期はとおに過ぎていたようで「ウエディングガーデン」も「プロポーズガーデン」も薔薇咲いてなくて「薔薇の谷」に至っては緑一色の谷ですからー(泣)
頭の中のにはウェディングガーデンで下からあおったアングルでF値こんくらいで遠くの薔薇の蕾を玉ボケにさせて・・・妄想がシャボン玉のように消えてゆく~(;’∀’)

けれど「空飛ぶブランコ」は楽しかったです(見てるのが) 「映える~?!」と叫びながらブランコ一生懸命こいでた可愛い女の子の二人連れ、関係者みたく撮らさせて貰い掲載許可もいただきありがとうー♪
しかし久しぶりの青空の下はとーっても気持ちいい!