宝亭



国道135号沿いの昭和レトロなお店でカツカレーがウリだと随分前から聞いていたけど
「どうせ観光客向けのお店なんでしょ」
と、さらっと受け流していたが、知り合いが撮った「カツ丼」の玉子のトロトロ感と
タレが染みたカツに目が誘われて、夫を誘ってランチに出かけた。

駐車場はお店の裏側にあるようだが、
ハンディ(ホームセンター)で買い物のついでだったので徒歩3分の距離を歩く。
店内に入ると、想像通りのレトロな雰囲気。

注文したのはもちろんカツカレーとカツ丼。
先に出てきたカツカレーは、こんもり盛れたられたライスの上に平らなカツが並び
その上にルウがかけられている。
付け合わせはキャベツの千切りに1デッシャーのポテトサラダ、ブロッコリー、もやしのカレー和え

「美味しい?」
「んー、期待ほどでは」

そのまま、何度かスプーンを運び、その手を止めたかと思うと
「ん?癖になるかも」

ちょっと味見させてと一口貰うと、くっきりとした味ではないけれど
昔食べたカレーってこんなじゃなかったかな、と思うような優しい味。

そしてカツ丼もまた想像通り懐かしさを閉じ込めた味でした。
大根・にんじん・キュウリの浅漬けも素材の味が生かされ箸休めに良かったです。

関連ランキング:洋食 | 来宮駅熱海駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントに画像を挿入できます (JPEG のみ)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください