新坂 (しんざか)



新坂 (しんざか)
文京区本郷5丁目と6丁目の間
区内にある新坂と呼ばれる6つの坂の一つ。
『御府内備考』に、「映世神社々頭領を南西に通ずる一路あり、其窮る所、坂あり、谷に下る、新坂といふ」とある。
名前は新坂だが、江戸時代にひらかれた古い坂である。
このあたりは、もと森川町と呼ばれ、金田一京助の世話で、石川啄木が、一時移り住んだ蓋平館(がいへいかん)別荘(現太栄館)をはじめ、
高等下宿が多く、二葉亭四迷、尾崎紅葉、徳田秋声など、文人が多く住んだ。この坂は、文人の逍遥の道でもあったと思われる。
東京都文京区教育委員会   昭和63年3月
(坂の標識より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントに画像を挿入できます (JPEG のみ)