ふしみ食堂

投稿日:


「わぁ、これどこ。ここで食べたい」
私の携帯の片隅にあったしらす丼の写真を見つけ友達が口をとがらせる。
それはネギ、茗荷、大葉の薬味が散らされたしらすの上にぱらりと胡麻がふりかけられ見るからに食欲をそそるし、横に添えられた千切り大根の小鉢も醤油を含んだ色合いが何とも気取らずいい。

「これね、宇佐美のふしみ食堂なんだけど、いつも立ち寄りたいと思いつつ車が止められなくて通り過ぎるんだけど、たまたま空いてる時間帯があって入ることができたの」
その後にもおばあちゃんの人柄や素朴なお料理が食べたくて2回ほど立ち寄ったんだよ。食堂のガラス戸からは海が見えて、それからばあちゃんのしてくれる話はあったかいんだよ。

そんな話をしたのをすっかり忘れた頃、「ねぇ、ふしみ食堂に行きたいんだけど」と友達に催促された時、ちょうど熱海から伊東に出かける用があったのでお昼ご飯を一緒にいただくことにした。

青い海を見ながらR135を走り食堂に着いたのは昼時を2時間程過ぎた頃だったけどお店の前の3~4台ほどの駐車スペースはやっぱり満車で、やり過ごして引き返したらラッキーなことに出ていく車があり入店することができました。
壁には何時ものように「地元ご飯定食」「刺身盛り定食」「あじひもの定食」等の干物やお刺身をメインの定食が800円~2000円程でラインナップされています。
ただいつもと違うのはフロアが優しいばあちゃんでなく、愛想悪そうなおばちゃんだったこと…。

どうやらオンシーズンなのでいつもの優しいばあちゃんは厨房にかかりきりで昼間は親戚(?)がフロアをお手伝いしている様子。
私は「あら煮定食」を連れは「刺身盛り定食」を注文させていただきました。
10数分程であら煮に続いて刺身盛り定食もテーブルに置かれ、私たちはそのボリューム感にまず圧倒されながら、まかないかと思わせるような(そこが気取らずにいい)煮付けの素朴な味わいや新鮮な刺身に舌鼓をうちました。

途中「アジの塩焼き追加していただきたいんですがお時間かかりますか」と連れの言う。
返ってきた答えは「生の魚を焼くんだからそら時間はかかるわ」しかも超のつく仏頂面w

その他のお客さまとのやりとりも此方の方が勝手にハラハラしてしまうようなものでしたが、中休みの時間ギリセーフで入店したからと納得しそそくさと食事を済ませ店を後にしました。
今度はばあちゃんだけの時に行ってみようと友達と約束し満腹になったお腹をさすりながら車に乗り込みました(おばはん丸出しやん)

関連ランキング:定食・食堂 | 宇佐美駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントに画像を挿入できます (JPEG のみ)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください