バリレストラン 海辺のSayang



海辺を走れば美味しい魚料理が食べられるんじゃないかな。
あてもなく海に向かってハンドルをきる宇佐美。
伊豆に移転してきて、それまで故郷の魚料理が一番美味しいと思っていた気持ちが揺らいでいる。
海鮮丼がウリのホテルを通り過ぎ道は狭くなるとともに海が存在感をどんどん増してゆく。
もう少しで行き止まりみたいだよ…そう言いかけた時、ダイビングセンターの二階にバリレストランの看板が見える。

ねえ、ここ素敵っぽくない?
車を降りると海風がスカートの裾を揺らす。
階段を上がると海に繋がっているかのような解放感があるテラス席が見える。
ここはペット同伴OKのようだ。
ドアをくぐるとリラックスできそうなテーブル席が並んでいる。
「お好きなお席にどうぞ」
どの席からも海は視界に飛び込んでくるが、その中でもテラス席に近い場所を選ぶ。

ランチメニューは迷うほどあって
・ナシゴレン
・シーフードカレー
・チキンジャワカレー
・海老のココナッツ煮
・牛肉のプラードソース炒め
・日替わり6品のチャンプル
・魚の煮つけレモングラス風味
・インドネシア風鶏肉入りそば

んー、ナシゴレンや海老のココナッツ煮もいいなと思ったけど、おススメの「日替わり6品のチャンプル」と相方は何故か和風の「うずわ」という宗田ガツオをたたいたものを青唐辛子や辛味噌、出汁で味変していただくというもの。
はじめてのお店ではじめてのメニュー。

そして視線を移すと見渡す限りの10月の海。海。海。
私たちはお互いの皿をシェアしながら深まる秋の気配と満ち足りた気分を味わう。
もうこのロケーションなら料理の味がまずくても何でも充分だねって言った後で「もちろんお料理も美味しいけど」と付け足し小さく笑った。
営業時間は11:00~15:00のようだから、ちょっぴり癒されたい気分のランチタイムにまた来よう。

関連ランキング:東南アジア料理(その他) | 宇佐美駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントに画像を挿入できます (JPEG のみ)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください