ぬこパラダイス



そこに行くのはもう何度目になるだろうか

行先を決めずにふらりと通り過ぎる筈だったそこには抜けるような青い空や海鳥の鳴き声や潮の香りとそして猫たちがいた
その子たちは多分、地域の方がお世話しているであろう風体をしており穏やかに過ごしている様子だった

クルマを停めて少しすると「久しぶりだね」とばかりにこちらに向かって小走りに駆け寄ってくる猫たちが視界に入る
「今日は黒白ちゃんは見えないねー」とか「あ、あそこに茶色さんいるよ」とかまるで同窓会で旧友に会った時かのように一喜一憂する
くっきりとした青い空の下、猫のしっぽの濃い影が長くのびている

あぁ、なんて幸せに満ち満ちたひとときなんだろう

夢なら覚めないで
夢なら覚めないで
多分だけど私は大雑把な猫たちの気持ちを理解することができる
そして猫たちもそれ以上に分かってくれている
この空間に言葉なんて必要だろうか
私は猫に言われたまま首筋を優しく撫でる
彼(もしくは彼女)は心地よさそうに喉を震わす

ふと夫を見ると5匹ものサビや茶色に三毛に黒白模様のそれらを侍らせて目を細めている
家猫は夫が帰宅するやいなやベッドの下に隠れたり、キスしようとすると手で突っ張ったりと恥ずかしがり屋さんなので、猫の方からスリスリしてくれる状態を堪能している
夢ならどうぞ覚めさせないでやって欲しい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントに画像を挿入できます (JPEG のみ)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください