山田湯

投稿日:


昨年末、夫の入院・手術も無事に終えお正月を夫婦と猫とでのんびり迎えることができました。
新しい年を迎え二日目の今日は「温泉でも行くか」となって、近場の源泉かけ流しの共同浴場、山田湯へ向かいました。

山田湯は熱海の商店街から歩いて半時間はかかる程離れていて、おまけに路地裏の狭い道を入るので初めてだと分かりにくいかもしれません。
共同浴場といっても見かけは普通の住宅のようで「ゆ」と染め抜かれた暖簾がなければ通り過ぎてしまうかもといった風情です。
管理されている山田さんの住まいと繋がっていて、ひとり300円の入湯料を払う時、お台所に声をかけるとエプロンで手を拭きながら出てきてくれたりします。
今日は何かお裁縫仕事をしていた様子で、まるで親戚のおばちゃんの家に遊びに来たような気分になります。

お風呂場はシンプルで昭和を感じさせる可愛いタイル張りの内湯がひとつに洗い場が3つで、お湯の温度も熱かったら水をだして調整していいようです。
女湯の壁には風車のタイル絵がありアクセントとなっています。
アメニティは用意されていないので自分で持参しましょう。
そしてお風呂で一緒になった方とのお喋りもまた共同浴場の良さのひとつですよね。
前に一緒になった方は県外からわざわざいらしたそうで、一期一会の出会いが裸同士っていうのも面白いですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントに画像を挿入できます (JPEG のみ)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください