大きな銀杏の木


ニュース番組に神宮外苑の銀杏並木が映し出される。
青山通りから望む銀杏の鮮やかな黄色の中に家族連れの中心にいる子どもが1片の葉をかざしてはしゃいでいる。
晩秋の銀杏並木はどの時間帯もそれぞれが美しい。
あぁ、数年前はこの通りを自転車で通ったなと思いながら「紅葉でも見に行ってみる?」と声をかける。

目的地の修善寺自然公園もみじ林に向かう県道11号を走っているとき「あの銀杏!」と思わず口をつく。
樹齢にすると100年以上はゆうに超えるだろう大きな銀杏の木が朝の陽ざしの中美しく輝いて見える。

以前ふたりでドライブしている時、あれは何だったか忘れたけれど
多分見ごろの花が咲き乱れている場所を通り過ぎた後で「あれを写真に写したかったなー」と恨めしそうに言ってからは割とこまめに停車してくれるようになった。
伊豆には至る所に興味深いものがあり、それはバス停留所の建物だったり、町内の一風変わった垣根だったり、産直野菜販売所だったりと色んなものなんだけど、そういった個所が多すぎて中々目的地に着かない場合もある。

この銀杏の木も見事で木下には銀杏色に染まったような車まで止められている。
辺り一面に散り広がった黄金の絨毯の上をそぉっと歩きながら深まる秋に深呼吸ひとつ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントに画像を挿入できます (JPEG のみ)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください