むずむずの季節

投稿日:

キターっ!
毎年のこととはいえ本格的に花粉が「キターっ!」ようだ。
耳と喉の奥の粘膜がむずむずもぞもぞ。

むかし花粉がはじめて目にきた時は驚いた。
猛烈な痒みで目をとじて両方の人差し指で、ごしごしごしごししていたら
結膜が下まぶたからはみ出しそうなくらい腫れ上がってきた。

「花粉症」という言葉もあまり聞かない頃だったので
(これは一体何だろう)と眼科医の待合室に置かれた古ぼけた、緑の椅子に座り
(もしかして「家庭の医学」の症例写真に載ったりなんかして…)とか色々思っていた。

名前を呼ばれ診察室へ。
一目見るなり女医さんはあっさり「花粉アレルギー」ですね。と言って、
初耳の私は豆鉄砲をくらったような顔をして(きっと)同じ言葉を繰り返して女医さんに返した。

あぁ、あの時は私もまだ浅田真央ちゃんくらいのトシだった。
それからン十年。
今は「減感作療法」や「DNAワクチン療法」だの進んだ治療法があるけれど
安全性が完全なものかどうかわからないし…ってか、薬嫌いなんで
仲良くずっとつきあっていくつもり。
それもまたよかろ。

コメント コメントを追加

  1. みるくっち より:

    我が家の息子っちもたまりかねて先日病院に行ってきました~
    鼻はまだそう酷くないけど
    目が真っ赤に腫れてしまって
    バイク乗っていくって聞くけど
    辛いからいいやだって。
    度付きのゴーグルでも買ってあげようかな

  2. emi より:

    息子っち可愛そう。
    なんでアレルギーなんて厄介なもんが存在するかいね。
    蟻地獄の中に突き落とされたような気分になるよ。
    今はもう慣れたけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントに画像を挿入できます (JPEG のみ)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください