稲取細野高原


「すすきを見に行くか」
突然相方が言い出す日曜日。
しかし前日にも行ってきたんだけどね、箱根仙石原までw

数年前に日比谷公園でリロバケーションズ「500円体験宿泊」という抽選会をしていて本当に500円ぽっきりで夫婦二人の箱根一泊二日旅行に行ったとき、宿泊施設の近くにあった箱根湿生花園を訪問しガイドさんの説明を聞きながら歩いたことがあった。
生憎の小雨模様にもかかわらず、それは楽しいひと時を過ごすことが出来て、前を歩くガイドさんの緑色した傘がくるくる回るのを見ながら「すすきの時期にまた来たいね」と言いあったことがあったんだけど、まさかね、その時は熱海に引っ越しするなんて考えてもいなかったから箱根って随分遠いなーと思っていたんだけど、今は車で40分程なので気軽に行くことができるんだよね。
ところが「すすきの仙石原」を期待し過ぎてしまったのか今回歩いて歩いてもこれといったフォトビューを探すことができず消化不良で終わってしまった感じが否めない。
多分、その原因は仙石原じゃなくて色々な事を見落としてしまった自分の方にあるんだと思うんだけど、そんな日があるからまた良いのかもしれない。
そして翌日も「すすきを見に」行くのは、その勝手に作り上げた妄想の穴を埋めたり、心が動くものを見つけるためなのかもしれない。


そして目指したのは稲取高原。
目的地の稲取高原に着いて、それらしき場所を探したんだけどクロスカントリーコースやアニマルキングダムがあるばかりで、ついに相方がアニマルキングダムの方に聞きに行ってくれ薄の名所は「稲取高原より5キロ程先にある稲取細野高原」と判明。
今来た道を引き返し貰った案内図を手に国道135号線を少し先に行くと案内標識があり進んでいく。
途中、すれ違いできない程の道が続き不安になったところに案内標識があったりしそのまま進むと国道から15分程入ったところに第1駐車場がありました。
車を降りるとそこはもう別世界!
ぐるりと広がるススキの草原です。なんという解放感。
手作り感満載のブランコがあり2人で童心にかえりブンブン空まで(?)漕ぐ、漕ぐ、漕ぐ・・・と本人は思っていたんだけど後から写真を見たら全然漕げてなんかいないw
逆に地面すれすれから離れていないやないかーい(爆)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントに画像を挿入できます (JPEG のみ)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください