一碧湖 伊豆の瞳


素敵な木の雑貨や家具が所狭しと展示されているWOOD FURNITURE MARKET(伊東市)、何時間居ても奥が深くて飽きなーい。
「このぉ木なんの木♪気になる木♪」のモンキーポッドで作られた車、大ちゃんたち中に入って遊びそうだなぁ。
中にペット用の小さなホットマットを敷いてほわほわのひざ掛けをのせたら、きっといい感じの基地になりそう♪

オールドチークのベンチも見た目よりずっと座り心地が良くて良い遊び場になりそうー。
木製のプレートやカトラリーも手に取ってみると木の味わいがあり全部揃えたくなるし、ほんとっヤバーイ!
色々見せて貰ったけど、今日は主人のお目当てのものを購入してまた今度ゆっくりと見せて貰うことにしよう。

WOOD FURNITURE MARKETの近くには「伊豆の瞳」と呼ばれている一碧湖があり四季それぞれの自然を楽しむことができます。
一周すると4㎞くらいなので、バードウォッチングを楽しみながら丁度良い散歩コース。
冬場は少し物寂しくて淡い廃墟感に包まれているんだけど紅葉の季節はカフェも営業していてワンコ連れや家族連れが紅葉を愛でながら歓声を上げています。

一昨年、ここを訪れた時もやはり紅葉の季節で湖畔のベンチに座っている二人連れがパーコレーターで珈琲を入れて寛いでいるのを目にして夫が羨ましがることしきり。
私なんか面倒そうだからカフェで買った珈琲でいいぢゃん!とか思うんだけど(夢がないなー)青空に浮かぶ雲のリフレインが美しい湖を見ながら珈琲の香りを楽しむのもいいかもしれない。

湖には水鳥や大きな鯉等が泳いでおり、近くの売店で餌が販売されています。
何より他の紅葉名所よりも混雑していなくてのんびりと過ごせるのも良い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントに画像を挿入できます (JPEG のみ)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください