とろとろ、やさしい蔘鷄湯


まるごと一羽の鶏を寸胴鍋で仕込み三日めの朝食。
もち米やコラーゲンでスープがとろとろ。

茶色に仕上がっているのはハチミツ漬けの朝鮮人参の色。
朝鮮人参も独特の癖が抜けてゴボウと間違うような味。

ニンニク、生姜、セロリ、葱と鶏の出汁がほっこり溶け出しているので
味付けなしで食べるときに少しだけ天然塩を絡めて。

クコの実とプランターで元気に育っているサラダバーネットと黒すりごまをのせまして
そうそう、大ちゃんのフードにもキャットニップのせてあげなきゃ。

はい、できあがり。

コメント コメントを追加

  1. みるくっち より:

    美味しそうな寒鶏湯
    本格的な物はなかなか作れないから
    簡単なの作ってみようかな~

    1. emi より:

      うんうん、これは本当に体にいいって思える料理です。

      本格的なのは材料を揃えるのは大変だと思うので、わたしは
      朝鮮人参と有り合わせの野菜や干し椎茸等をもち米と合わせて、
      そのまま鶏肉(中身を抜いた調理済みを購入)に詰めて、あとは
      ことこと煮こんでいます。

      味付けはしてないのですが、そのままでも美味しいし、
      好みで食べるときに塩をひとつまみいれると味が激変です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントに画像を挿入できます (JPEG のみ)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください