土佐茶カフェ もっと茶

投稿日:


帯屋町アーケードから入って2階、「もっと茶」ネーミングはもっと土佐茶を飲んでほしいちや(「ちや」は高知の方言)
新しさと懐かしさを兼ね備えたような店内に入り天井に目を向けると梅菊桜等の扇が彫られた欄間がはめられていました。
通りを見渡せるカウンター席と木製のテーブル席があり2人掛け席に座ると、なんかしっくりくる〜。

食事メニュー(11:00〜19:00)はお子様膳含む15種類。ちりめんじゃこ丼、塩卵かけごはん膳、おむすび膳、土佐茶かき揚げ膳、四万十豚丼と温野菜丼膳等、550円〜と驚きの価格設定!しかも地産地消、さっぱりとした味わいで女性を意識した構成。
アフターセット(250円)を+して食後に好みのドリンクとスウィーツを選ぶことができます。

日替わり膳はメインが太刀魚とカボチャと茄子の天ぷら、それに大根と人参のなます、蒟蒻と青菜の白和え、胡瓜のあんかけ、ジャガイモのクリーム煮、お味噌汁、香の物。ご飯は赤米とサツマイモでほんのりピンクと黄色で可愛くてもちもちっとした甘みのある味わいでした。
揚げたての太刀魚の天ぷらは衣がさっくさく。
たれをつけなくてもうす塩で魚の旨味を感じました。
胡瓜のあんかけは、まろやかな味で後口に大葉の爽やかな風味が広がり
お漬物も自家製なのか生姜の薄紅色、沢庵の黄色、人参の橙色、そして引き締めの昆布の色。
普段は残すことの多いお漬物、完食!一品一品に「おもてなし」の心を感じました。

残念だったのは食後に注文した「あんみつ姫」が2時からの時間制限があったこと。
お茶餡と自家製フルーツ寒天、煎茶ゼリーでとっても彩りが良かったのですが今度のお楽しみ♪

うんと気に入ったき、また来るちや!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントに画像を挿入できます (JPEG のみ)