絶景カフェ ぽっぽ

奥多摩散策で立ち寄った「絶景カフェぽっぽ」

渓谷沿いに歩いていると雨が降り始めてきたので、雨宿りがてら5組ほどの列に並び20分ほど待つ。
行列はそんなに長くないのだけど回転が悪くてなかなか入店できない。
休日だから仕方ないよね、と土禁の店内へスリッパに履き替えて足を踏み入れると迎えてくれたのはテーブルの上いっぱいに置かれた先客たちが使用した食器が洗われるを待って山積みにされている。
そしてそこから放たれた激しいカレーの匂いw(笑うしかない)
何だかね、本当にロケーション抜群のお店なのに勿体ないなぁ。
でもね、そんなものを求めちゃいけないんだよって気になるほど樹々や渓流に癒される。

浅草散策

お友達と浅草で待ち合わせ。
ふたりでレンタル着物wargoさんにお世話になり和服姿に変身!
手ぶらで行っても必要なもの一式レンタルできるので、とっても便利。
仲見世通りで熱々の人形焼き食べて、浅草寺にお参りし、浅草神社のお稲荷さんにご挨拶し、三定さんで天ぷら食べて、フクロウ喫茶で遊んで、古着屋さんで着物を物色してと、あっという間の休日でした。

雷門 三定

雷門すぐ横の三定さんでランチ
立地の良さのせいか満席の店内。
2階のテーブル席に通されると、さすが周囲は観光客ばかり。

こちらでいただいたのは
天ぷら 1700円内
ご飯セット 480円内
海鮮丼 1760円内

忙しいせいか、セットのなめこ汁を忘れられたりしたけれど
ご飯がちょっと固かったけど、ふたりで食べると美味しいね♪
女同士だけどな(笑)

えびず 御茶ノ水店

良いのは御茶ノ水の駅近でアクセスが便利なこと。
その他はごく普通のように感じました。
いただいたのは

白身魚のフライ 780外
刺身盛り合わせ 2000外
濃厚雲丹玉ご飯 1000外
生レモンサワー 500外
ソルティーレモンサワー 500外

古里駅→鳩の巣駅

奥多摩方面に紅葉狩り散策。
JR青梅線、古里駅で下車して多摩川沿いに鳩ノ巣駅までの3.2kmコース。
まず駅横の大衆食堂で軽く腹ごしらえ。
手書きでズラリと並んだメニューから肉そばと鳥南蛮を選ぶ。
うんうん、普通(笑)
これで落ち着いてウォーキングができるぞ!
渓谷沿いの湿り気のある小径を、「熊が出るといけないから」とiPhoneで音楽を流しながら(どれほどの効果があるのか分からないが)私たちは森林の中滝で立ち止まったり展望台で一休みしたり、紅葉にレンズを向けて遅くなった時は小走りにして息を切らしたりしながら季節が冬へと移ろう景色を楽しんだ。
ほぼ最終的な目的地の鳩ノ巣駅に近づくと絶景カフェぽっぽの灯りが見えてきて、少しの行列に並んだ。
この頃になると霧雨が降ったり止んだりとしてきたが、果実と野菜のジュースとブレンドコーヒーで足を休めている間には雨も上がり、駅まで続く陽の落ちた道を軽い足取りで歩いた

素揚げや 

2年ぶりの「素揚げや」さん。
お通しの、水菜に沢山のしらすを盛ったサラダも同じ、
お品書きもほぼ同じで嬉しい。
鳥肉は言うまでもなく、低温でじっくりと旨味を引き出した野菜の味わい。
茄子、ごぼう、玉ねぎ、サツマイモ、プチトマト、里芋、かぼちゃ、大根
もろみ味噌が添えられているが、そのままを口の中でゆっくりと味わいたい。
時折、もろみを幾粒か楽しむのもまた良い。

また色々な部位を注文できる、煮鳥の小鉢もふっくらと照り良く調理されており
玉ひもは卵黄が半熟という絶妙な火の通し加減。

丁寧な仕事をされているおかげで美味しいものをいただけました。
また2年ぶりなのに覚えていてくださり嬉しかったです。
ごちそうさまでした!

最強レモンスカッシュ 400
最強ハイボール 450

素揚げセット(砂肝・手羽・もも) 1800
野菜素揚げ おまかせ盛り 780
煮鳥ハツ 350
煮鳥レバー 350
山芋千切り 400
ぎんなん 600
コロッケ 150
牛串カツ 250
青森にんにく

なんじゃもんじゃカフェ

無花果の木に跨り、熟した実をもいだら青い匂いがふわっと広がった。それは無垢な少女だった頃。

もうとっくに無花果の木はないけれど、ツリーハウスの頼りない手すりに触れて、あの時のワクワク感が蘇った。10月の空の下。

平日午後のアイドルタイム、即入店できたのはラッキー!
ツリーハウスへと続く階段をあがるだけで鼻歌気分♪

ベアーズグリル

はじめて降りた駅、横浜市港北区日吉は緑が坂が多い街。
女2人でランチタイムになり、お店を物色。
そそられるお店が沢山あったけど、すっと入りやすかったベアーズグリルさんへ。
カジュアルでくつろげる店内で話しが弾みそう。

ランチメニューは4種
 ・ピリ辛ナポリタンライス
 ・タンドリーチキンナシゴレン
 ・肉飯
 ・ベアーズボール
どれも大盛り無料/テイクアウトOK
サラダセット+200円
セットドリンク+150円

私のいただいたベアーズボールはキーマカレー風ライスにピンクのマヨネーズ(生姜入り)トッピング。
ゴロゴロとピクルスが口の中をさっぴりとしてくれて箸休めに丁度良い。
つかず離れずの応対もほどよく、そのせいかお喋りも盛り上がりました。
ごちそうさまでした!

ボン・グゥ 神楽坂

東西線神楽坂駅すぐに「前菜が主役」の文字が飛び込んできます。
壁面もカジュアルなテーブルと椅子も白で清潔感があります。
窓に面してカウンター席も用意されているので、おひとり様でも気兼ねなく入店可能。
この夜は美しい月が広いガラス窓から顔をのぞかせ料理の味を引き立てていました。

ワインの取り揃えも多くて、お料理は殆どのものがサイズを選べるので、二次会や女子会向きなのかも。
スタッフの対応もつかず離れずで好感持てました。

よこはま動物園ズーラシア

里山ガーデンからズーラシアに入る。
アジアの熱帯雨林ゾーンからマップを片手に歩きだす。
お目当てはころころ広場で開催されている、秋のふれあい動物園「わんにゃん大集合!」
整理券をゲットするためにころこロッジを目指しながら、各ゾーンの動物たちの様子を伺いながら歩く。
休日だけど、広い敷地のせいか人混みのフラストレーションもなく気持ちよく歩く。
シロクマ、ライオン、リカオン、チーター、ミーアキャット、オカピ、カピバラ、レッサーパンダ、ペンギン・・
ミーアキャットの前でキョロキョロしてる顔に笑ったり、シロクマ追いかけて走り回ったり、レッサーパンダの愛くるしい表情にやられちゃったり。
そうそう、孔雀鳩が相方の手を気に入って(?)くちばしでツンツンしてくれて、しばらく一緒に過ごしたり、動物園って人の心を子供のように素直にしてくれる。

里山ガーデン

朝の情報番組で気象予報士の依田さんが中継していたのを見て、ここ行きたいと思ったのは、よこはま動物園ズーラシアに隣接した里山ガーデン。
見晴らしの良い里山には大花壇、森の空中散歩道、見晴らしデッキ、遊歩道等から秋色の花々を楽しみながらゆっくりと過ごせます。
デッキで深呼吸しながら、広い広いビルの輪郭線のない空を見上げる。
ちっぽけなささくれが心からはらはらと落ちていく気がした。

さやの湯処 柿天舎

すっきりしない空模様の週末、板橋区の温泉「さやの湯処」へ行こうとなりました。
温泉と岩盤浴でほっこりして、趣のある日本庭園を眺めながらお食事をいただく。

お食事処の柿天舎は何といってもその建物と庭園に癒されます。
鈴虫の音色をBGMに都内の喧騒とは別世界の空間でいただく食事はどんな隠し味より料理の味を引き立ててくれます。
リフレッシュしたい時におすすめです!